プロフィール

ホーム » プロフィール

プロフィール

当社は1948年(昭和23年)10月7日に三好一二氏によって創立され、本年2018年10月7日に創立70年を迎えることができました。本年は天皇ご退位で元号も変わることから、昭和、平成、令和の3時代に渡り事業活動をしていることになります。

    

当社の種々の車両導入の歴史をみてみますと、1950年(昭和25年)に日本セメント高島包装所が完成、それと同時期に平ボディ車を1台導入しています。これが当社のセメントの本格輸送の始まりです。この頃、我が国最初のバラセメントタンカー船(豊城丸)が建造され入港しています。その後、1954年(昭和29年)に我国初のスクリュー式バラセメント車を導入しています。どの時期からスクリュー式から圧送式にかわっていったかは不明ですが順次台数が増加していきます。

 

次にミキサー車ですが、1960年(昭和35年)前後に東急コンクリート社(現第一コンクリート社横浜工場、港北工場、厚木コンクリート社の前身)、東亜コンクリート社の各工場ができ、当社も戸塚営業所、東亜営業所を開設し、ミキサー車47台を導入し、1969年(昭和44年)の新日鐵住金君津製鉄所高炉建設時には149台所有となっていました。また、2004年(平成16年)よりミキサー車を使って埋戻し流動化材の輸送を始めています。

 

最後にコークス粉輸送のジェットパック車ですが、先の高炉建設時に君津営業所を開設しセメントバラ車10台、ミキサー車45台保有していました。その後、建設がおわり、1982年(昭和57年)にセメントバラ車を使ってコークス粉の運送を始めましたが、容積密度がセメントより小さいコークス粉をより多く運ぶため、容量の大きいジェットパック車を導入しています。

                             

  このように種々の建設資材、原料を輸送している当社ですが、現在の厳しい労働環境若い人の車離れによる慢性的な乗務員不足、世界的な石油燃料の高騰や今後先行きの見通せない経済動向が予想されますが、今まで以上に知恵を絞り、研鑽を積み、安全第一で誠実に安定輸送を心掛けてお客様の信頼を積み上げていく所存でございます。

会社名 旭企業株式会社
代表者 代表取締役社長 和田 鉄也
創業 1948年10月7日
資本金 5,000万円
本社 〒220-0004 横浜市西区北幸2-8-4横浜西口KNビル13階
保有車両台数 総台数163台
従業員 191名(2019年4月現在)
事業内容 一般区域貨物自動車運送業
自動車運搬取扱い業務
産業廃棄物収集運搬業
汚染土壌の処理、運搬業務
ページトップに戻る